情報系大学生のプログラミング

Pythonで組み込み関数を使わずに最大値・最小値・平均値・中央値・最頻値を求める方法

programming

今回は、Pythonでmax関数やmin関数などの組み込み関数を利用しないで、リストの最大値や最小値、平均値、中央値、最頻値を求める方法を記述していきます。初心者向けの内容です。

下の記事では、組み込み関数を利用してこれらの値を求める方法を記述していますのでよろしければ参考にしてみてください。

参考:Pythonで最大値・最小値・平均値・中央値・最頻値を求める方法
参考:【脱初心者を目指す!】Python基本構文まとめ16選!
参考:Pythonで関数の極大・極小値を求めて増減表を書こう!

プログラミングでお悩みではありませんか?

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

max関数を使わずに最大値を求める

考え方は、リストのすべての要素を比較して、より大きい値を保存しておく手法です。

変数「max」にリストの最初の先頭要素の値を代入し、それ以降の要素を「max」と順番に比べて最大値を求めていきます。

min関数を使わずに最小値を求める

最小値を求めるには、最大値を求めることの反対のことをしていきます。

具体的には、「if」文の中の不等号をひっくり返すだけです。

sum関数を使わずに平均値を求める

変数「sum」に初期値として、0を代入します。その後、「sum」に要素の値を順番に加算していきます。

平均を求めるには、リストの要素数が必要なので組み込み関数の一つである「len」関数を利用します。(len関数は許してください。)

median関数を使わずに中央値を求める

「median」関数は、「statistics」モジュールにあるライブラリです。ちなみに、「statistics」とは、統計という意味です。

中央値を求めるには、要素数が奇数か偶数で変わってきます。

  • 奇数:昇順(降順)にソートした要素の真ん中の値
  • 偶数:昇順(降順)にソートした要素の真ん中の前後の値の平均

mode, sum関数を使わずに最頻値を求める

「mode」関数は、「statistics」モジュールにあるライブラリです。

最頻値とは、最も多く出現する値のことです。

愚直に調べる方法

最頻値を求めるには、リストの値の出現回数を数える必要があります。その後、求めた出現回数が最大となる要素を見つけます。

コードの書き方は様々だと思いますが、紹介する例は少し複雑です。

関連:【Python入門】初めてのプログラミング(リストのアンパック)

count関数を利用する方法

「count」関数を利用すると、リスト内での数を簡単に求めることが出来ます。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

今回は、sum関数やmax関数などの組み込み関数を利用しないで、リストの最大値や最小値、平均値、中央値、最頻値を求める方法を記述しました。

下の記事では、組み込み関数を利用してこれらの値を求めていますのでよろしければ参考にしてみてください。

参考:Pythonで最大値・最小値・平均値・中央値・最頻値を求める方法

プログラミングでお悩みではありませんか?

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

パソコン操作にお困りではありませんか?

ExcelやWordなど、基本的なソフトの使い方がいまいちわからないという方には、「PCHack」という講座をオススメしています。スクールの中でもコストパフォーマンスに優れ、オンラインだからどこでも好きな時間に学習できます。

3万円ほどでPC初心者を脱出したい方は参考にしてください。

【PC初心者必見!】パソコンの勉強方法が分からないならPCHack講座がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA