Pythonのord関数(組み込み関数)を解説!複数文字の処理やordの逆も解説!

Pythonのordを解説

今回はPythonのord関数の使い方を解説していきます。

ASCIIコードやUnicodeに関する詳しい内容は「【Python】(ord, chr関数)ASCIIコード、Unicodeによる数値と文字列を変換する方法」が参考になります。

ord関数の使い方

ord関数は文字に対応するUnicodeの値を返してくれる組み込み関数です。

ord関数には1文字しか設定できない点に注意してください。

複数の文字に対してord関数を利用する

複数の文字に対してord関数を利用するためには、単純にfor文やwhile文でループさせるのがよいでしょう。

ord関数の逆の処理をするには

文字列に対応するUnicodeの値を取得するには「ord」関数を利用すればよいことが分かりました。では、逆に、

Unicodeの値から文字列を取得するにはどうすればよいでしょうか?

答えは、「chr」関数を用います。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本記事が少しでも役に立てば幸いです。

無料の説明会を有効活用しよう!

独学での学習は孤独感を感じやすく挫折してしまう初心者も多いです。また、参考書を購入しても全く読む気にならないという方も多いはずです。

それでも、なんとかPythonの勉強を行い、高スキルなエンジニアを目指したいという方は無料で受けられるオンライン説明会に参加してみることも一つの手です。

Pythonというプログラミング言語は機械学習の人気の高まりなどもあり、様々なスクールが無料説明会を開催しています。

その中でも「Freeks(フリークス)|業界初!10,780円のサブスク型プログラミングスクール」がオススメです。Pythonを効率よく学びたいという方はまずは適性を知るためにも無料説明会を利用しましょう。

無料説明会を参加してみる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA