情報系大学生のプログラミング

Pythonで最大値・最小値・平均値・中央値・最頻値を求める方法

checklist

今回は、Pythonでリストの値の平均値や最大値、最小値、平均値、中央値を求める方法を記述していきます。初心者向けの内容です。

数値を扱ったプログラミングをしていると、

  • リストの最大値・最小値・平均値を求めたい
  • 中央値・最頻値ってどうやって取得するんだろう

など意外と躓いてしまうこともあると思います。そこで、この記事では、これらの値を求めるコードの書き方を解説していきます。

参考:Pythonで組み込み関数を使わずに最大値・最小値・平均値・中央値・最頻値を求める方法
参考:【脱初心者を目指す!】Python基本構文まとめ16選!
参考:Pythonで関数の極大・極小値を求めて増減表を書こう!

プログラミングでお悩みではありませんか?

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

最大値を求める

Pythonでリストの最大値を求めるにはmax関数を使用します。

最小値を求める

Pythonでリストの最小値を求めるにはmin関数を使用します。

平均値を求める

平均値を求めるには、合計と、要素数を求める必要があります。合計を求めるには、sum関数を、要素数を求めるにはlen関数を用います。

中央値を求める

中央値を求めるには、statisticsモジュールのmedianというライブラリを用いると簡単に求められます。「statistics」とは統計という意味です。

最頻値を求める

中央値を求めるには、statisticsモジュールのmodeというライブラリを用いると簡単に求められます。ただし、最頻値が複数あると、「statisticsError」が出ますので注意が必要です。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

今回は、Pythonで最大値や最小値、平均値、中央値、最頻値を求める方法を記述しました。

最大値、最小値、平均値に関しては、最初から準備されている組み込み関数を利用することで求まりました。一方で、中央値、最頻値に関しては、モジュールをインポートすることで正確かつ、楽に記述できることが分かりました。

プログラミングでお悩みではありませんか?

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

パソコン操作にお困りではありませんか?

ExcelやWordなど、基本的なソフトの使い方がいまいちわからないという方には、「PCHack」という講座をオススメしています。スクールの中でもコストパフォーマンスに優れ、オンラインだからどこでも好きな時間に学習できます。

3万円ほどでPC初心者を脱出したい方は参考にしてください。

【PC初心者必見!】パソコンの勉強方法が分からないならPCHack講座がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA