プログラミングとコナン

Pythonで0.1刻みにfor文のループをする方法

Pythonで0.1刻みにループさせるにはどうしたらいいのだろうと悩んだことはありませんか?簡単そうで意外とどうしたらいいのか分からないという方でも理解できる内容になっています。

今回は、3パターンでループさせる方法を記述していきます。

プログラミングスクールに関しては下の記事で詳しく記述しています。

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

【全スクール無料体験あり!】プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

ありがちな失敗例

ループ文といえば「for」文ですが、第三引数にはステップ数を設定することが出来ます。

デフォルトでは「1」ずつとなっており省略可能ですが、「2」とすると、2飛ばしでループをしてくれます。

なので、目的の「0.1」ずつループさせようと思ったら第三引数には「0.1」を入れようと考えますが、「int」型(整数型)しか受け付けないようになっています。

ならばと、ステップ数を少数で設定できる、numpyの「arange」と使うと、小さな誤差が出てきてしまいます。

このように意外とできないという方も多いのではないでしょうか。

ここからは、具体的に解決方法を示していきます。

rangeを使う方法

これ方法が一番簡単ですが、用途が限定的です。

0.1刻みでループしたい理由はいろいろとあると思います。

例えば、グラフを描画したいときに、関数f(x)に数字を代入し、細かく数値を求めたいときには、この手法では賢い手法とは言えません。

また、可読性の観点からも、なぜ「10」で割る必要があったのかを見返す必要が出てきます。そして、マジックナンバーという点としてもやはり得策とは言えませんが、応急措置的な使い方では便利です。

リスト内包表記

リスト内包表記についてはこちらの記事で詳しく記述しています。

【Python入門】初めてのプログラミング(内包表記)

先ほどの「range」を使う方法と考え方が似ています。

可読性が良くなるため、先ほどの手法よりもオススメです。

numpyを使う方法

numpyの「arange」と、「round」を用いて、誤差を丸めていきます。

こうすることで、最初に示した失敗例のような誤差がなくなります。

「for」文の第三引数で「0.1」と設定しているため、非常にわかりやすくなります。

まとめ

今回は、「for」文で0.1刻みでループをする方法を記述しました。

調べたら簡単だったけど、知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

「目的の処理ができるプログラムを組めればいい!」と思う人も、ぜひ読みやすいプログラムを作成してみてください。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

昔、自分が参考にしていたプログラミングについての書籍を紹介します。
非常にわかりやすい内容で、言語は「Java」ですが参考にしてみてください!

「Python」じゃないんかい!

プログラミングスクールに関しては下の記事で詳しく記述しています。

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

【全スクール無料体験あり!】プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA