プログラミングとコナン

傘なのにミスト!?涼しさ全開!夏にオススメグッズ!

いやぁ。。もう夏ですねぇ!北海道の函館民はもう溶けそうですよ。

最近たまたまニュースで見かけたミスト付の傘があったので紹介します!直射日光や紫外線を防ぎ、体感温度も下げてくれる便利な傘です!まだ買ってないのですが、就職したら買おうと思います!(お金ない♡)

この傘を使うメリットを紹介していくよ!

オススメ日傘の色

真夏に日傘を使うのは、直射日光や紫外線を防ぐためですよね!
実は、色によってこれらを防げる分量が変わってきます。

端的に言えば、白は光を反射し、黒は、光を吸収して、紫外線をブロックします。

白色

【メリット】

・紫外線カット

・熱をこもらせない

【デメリット】

・加工が無いと効果が薄い

黒色

【メリット】

・白色よりも紫外線をカットできる

・紫外線を吸収、日焼け対策になる

【デメリット】

・熱を吸収、暑さ対策には向かない

これらを踏まえると、理想的には、傘の外側が白、内側が黒色が良いとされると調べると書いてありました。ですが、最近の傘は、色によらず紫外線対策や暑さ対策がしっかりされているらしいので問題ないようです。

日傘を利用するメリット

直射日光を防ぐ

理系っぽく三角関数などを用いて、どのくらい防げるのかを数式で説明してもいいのですが(たぶんできない笑)、営業をするときには、直感で欲しいと思わせることが大切と本で書いていたので僕もストレートに説明していきます。

日傘を用いると直射日光を防げます!(当たり前体操)

紫外線対策になる

最初の色の部分で書いた通りです。

体感温度を下げる

最初の色の部分で書いた通りです。(何度でも言います!)

一方で、夏に蒸し暑いのはかなり暑苦しいですよね。
湿度が10%上がると体感温度が1℃上がるので熱中症には気を付けましょう!

ミストは表面温度を下げてくれるので体感温度も下がります。

ミスト付きのメリット

最大3℃の冷却効果

暑熱対策に関する調査報告書

環境省

環境省によると、ミストによる効果は一般的に 2~3℃程度低くなるそうです。また、屋外空間では 1.5℃程度、半屋外空 間では 2~3℃程度の気温低下効果が確認されているということです。

この効果はとても大きく、部屋の温度を2度変えようと思うとかなりの熱量を使うことになります。環境保全のためにもエアコンなどよりも水などの自然の力を借りましょう。

余談ですが、最近は、水の枯渇なども懸念されているらしいですね。
ニュースでは、「Volvic」というペットボトルの飲料水を製造している会社が、水を汲みすぎて今後水が足りない状況になってくるということから、日本での販売も終了しました。

今回の傘とは関係ないですが、環境問題も個人として考えていく必要がありますね。

ミストを飲めば水分補給ができる笑

人間は、3日間水を飲まないと死んでしまいます。(実証済み)

ちなみに、水不足でも、血液や尿、海水などは飲んではいけないというのは案外知られてますよね!
ですが、ミストは問題なく飲んでいただいて結構です!

水分が無いときにはぜひともこのミスト付き日傘をペットボトル替わりに使ってください!
従来の発想から逸脱することで人生が潤います?(水とかけてます)

まとめ

こんなゴミみたいな記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。大好きです。

本来は、雨を防ぐために使う傘ですが、今回は、傘の内側から水分が出てくるというミスト付き日傘を紹介いたしました。直射日光や紫外線を防ぎ、体感温度も下げてくれる便利な傘です!最初にも書いたのですが、将来的に買おうと思っていて、家でも使おうかなと思います笑(嘘です)

最近は機械学習で色についての勉強もしていたのでちょうどよいタイミングで日傘の色の効能について知れてよかったと思っています。(傘に関する色と機械学習とは全く関係ない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA