プログラミングとコナン

PythonでExcelのデータから3D散布図を作成

こんにちわ!

今回は、Excelのデータから3D散布図を作成する方法を記述していきます。前回の記事は、画像のRGBとHSVの色空間の値をExcelに出力する方法を記述しました。

Pythonで画像のRBG・HSV色空間の値を取得しExcelに出力する方法
実行環境

※Anacondaは特に必要ないです。

プログラミングスクールに関しては下の記事で詳しく記述しています。

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

【全スクール無料体験あり!】プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

この記事の主旨

今回の目的は、上の海外の手紙の色情報を分析することです。

分析といっても、画像には「文字」と「ハンコ(赤文字)」と「背景」の3つのクラスがあります。これらのRGBとHSVの値を抽出し、その特徴を視覚的にわかりやすいグラフで表現するのが今回の目標です。

RGB、HSVの詳細や、色情報をExcelに出力する手法は前回の記事で行いました。

Pythonで画像のRBG・HSV色空間の値を取得しExcelに出力する方法

この手法を用いて3D散布図を作成していきます。

Excelデータの内容

Excelには300行×6列のデータが格納されています。さらに、それらの値に対して、見出しやラベルがついています。

また、データの意味は以下のようになっています。

  • 2~ 101行目 :文字データ
  • 102 ~ 201行目:背景
  • 202 ~ 301行目:ハンコ(赤文字)

このように、データがプログラムを組みやすいように調整されています。
下のファイルはマクロ機能などはないので安心してください笑

使用するデータ

実際にプログラムを見ていこう!

3D散布図作成のサンプルコード

関数「install_Excel」

「num」や「Excel_name」などの変数や、必要なモジュールは、メイン関数の部分で設定しています。

関数「draw_graph」

3D散布図でプロットする部分では、データの行数が0 ~ 99と変わっていると思われるかもしれませんが、最初の「install_Excel」関数で、見出しなどの不必要なデータを除いているのでこのようになっています。

配列「pattern」も、メイン関数のほうで定義しています。

メイン関数

必要なモジュールは全部で4つです。

よく使う「numpy」と、グラフ作成に必要な「matploylib」、3D作成のための「Axes3D」、Excelを読み込むための「openpyxl」です。

出力結果

お待ちかねの結果ですね!結構きれいに仕上がってますよ!

RGB色空間の3D散布図

HSV色空間の3D散布図

RGBとHSV色空間で特徴が違うね!

まとめ

今回は、海外の手紙の「文字」「ハンコ(赤文字)」「背景」の3つのクラスのRGB、HSVの色空間の特徴を3D散布図を用いて特徴を調べてみました。

予想通りにそれぞれのクラスで特徴が認められました。

今回の手法を用いて、Excelからグラフを作成する方法を理解していただければ嬉しいと思います。

プログラミングスクールに関しては下の記事で詳しく記述しています。

こちらで紹介しているスクールは、すべて無料期間がある優良なスクールのみで、特徴を明確にし、読者のニーズに絞って丁寧に解説しました。初めての一歩として、無料説明会に参加してみてください。

【全スクール無料体験あり!】プログラミングを学びたい人におすすめのスクール5選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA