プログラミングとコナン

名探偵コナン 36マスの完全犯罪(パーフェクトゲーム) 暗号解説

今回は名探偵コナンのアニメ最新話の36マスの完全犯罪の暗号をわかりやすく説明しようと思います。

前回ぐらいに暗号の考察を上げているので、答え合わせ的な要素があります。

名探偵コナン 36マスの完全犯罪(パーフェクトゲーム) 暗号考察

考察記事

暗号の概要

ここでは、太枠に囲まれた文字を黄色のマーカーで示しています。

一枚目(みんなに教会に来る前に配られた暗号)

二枚目(玄関の扉に貼ってあった)

三枚目(紙の指示で各部屋に隠された暗号)

四枚目(川崎陽介の死んだ近くに置いてあった暗号)

五枚目(最後に使うはずだった暗号)

暗号解読のカギ

この暗号を見ても、何について書いているかわからないのが普通ですが、

今回集められたのが9人で、毛利達以外は高校の同級生で、同じ野球部に所属していたことから、

野球について、書かれていることが分かる。

この暗号だけだとムズイが他の要素を見つけたら、めちゃくちゃ簡単になります。

暗号解読手順

まず、黒い太枠(ここでは黄色のマーカー)が大事になってくる。

黒い太枠で囲われた四角が内野を表している。

それぞれのポジションの所の文字を抜き出す。

あとは、背番号の順に九つの文字を読む。

これで、暗号それぞれに言葉が出てくる。

暗号答え

それぞれが表している言葉をまとめていきましょう。

青色のマーカーのところが読む文字となります。

一枚目

二枚目

三枚目

四枚目

五枚目

それぞれを背番号順に読んでいくと、

一枚目は「さあプレイボールだ」、

二枚目は「トイレでワンナウト」、

三枚目は「風呂場でツーアウト」、

四枚目は「書斎でチェンジ

五枚目は「パーフェクトゲーム」になる。

暗号を残した訳

犯人の西野さんは最後に自分で自殺して全ての罪を擦り付けるのが計画であった。

藤出さんが高校の同級生を集め自分を含めて三人の命を奪った殺人犯で、

犯行現場に解けない暗号を残し完全犯罪を成し遂げたと思わせるためであった。

藤出さんのカバンに空白の暗号の紙を仕込んでそれっぽく見せるということもしていた。

後日殺害されたのが同じ野球部員と分かれば、この暗号は容易に解けるため。

まとめ

この事件は最終的に毛利達にすべて暴かれて、最後の犯行だけ阻止された。

事件の結末を知りたい方は、下の記事をご覧ください。

名探偵コナン 第1005話  「36マスの完全犯罪(パーフェクトゲーム)(後編)」 まとめ

前回の記事

今回の暗号は自分はむずいと思ったが、

コナン達には、簡単だったようだ。

今回でコナンが3倍ぐらい楽しめたので良かったです。

目次に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA