プログラミングとコナン

赤井ファミリーの家族構成

今回は、劇場版名探偵コナン緋色の弾丸でメインキャラクターである

赤井ファミリーについてまとめたいと思います。

ここでは、赤井秀一を中心とした家族構成です。

親戚である、宮野家にもまとめました。

赤井秀一

年齢 32歳 

職業 FBI捜査官

黒いニット帽がトレードマーク。左利き。クールでポーカーフェイス。とてつもない切れ者であり、推理力は江戸川コナンと肩を並べるほどであるまた非常に優れたスナイパーで、身体能力も優れているハイブリッドである。宮野明美に接触する前は、ジョディ・スターリングと恋人同士だった。

かつて、黒の組織への潜入捜査を行った経験があり、「諸星 大」という偽名を使って宮野明美の運転する車に当たり屋をした事をきっかけに交際を始め、宮野明美や妹の宮野志保(後の灰原哀)を介して組織へ潜入した。

組織からは「ライ」というコードネームを与えられ、組織内でうまく立ち回り、最終的にジンとの任務にまでこぎ着けたものの、FBIの仲間の1人のキャメルによって、FBIのスパイだとバレて、ジンとの仕事は取り消しになった。それがきっかけで組織から逃亡して、FBIに戻る。

組織から “Silver Bullet” と恐れられていた。

作中、黒の組織を欺くために偽装死をして、死んだことになっている。

その後、東都大学の大学院生沖矢 昴に変装して登場する

物静かなアパートに住む予定だったが、そのアパートが火事になりコナンの勧めで工藤新一の家に住んでいる。

黒の組織から狙われている灰原哀を監視しながら守っている。

灰原哀の正体が、恋人であった宮野明美の妹である宮野志保が幼児化した姿だと気づいていて、組織でシェリーと呼ばれていた少女として認識している。

コナンの正体が幼児化した工藤新一であることは気づいている。

赤井務武(父)

年齢 不明

職業 不明

メアリー世良の夫で、赤井秀一羽田秀吉世良真純の父親である。

17年前、棋士の羽田浩司と資産家のアマンダ・ヒューズがアメリカで殺害された事件に関与していた。死ぬ直前に家族を日本に送った際、「とんでもない奴らを敵に回した」という内容のメールを送信した。その後、消息不明であり死んだことになっているが務武の遺体は発見されていない。

また赤井秀一羽田秀吉真純の3人の名字が違う理由は務武の死が関わっている。

メアリー世良(母)

年齢 53歳 

職業 MI6 イギリス秘密情報部の職員

赤井務武の妻で、赤井秀一羽田秀吉世良真純の母親。

作中では、幼児化した姿で登場しており、ベルモットに毒薬APTX4869で飲まされて、幼児化したがコナン灰原哀が飲んだ薬の未完成品だったため、体調が良好ではない。外見は灰原哀に似ている。

現在、娘の世良真純とホテルで暮らしており、赤井秀一には劣るが高い推理力と身体能力をもっている。

警戒心が強く、コナンにも正体を明かさず、「領域外の妹」と世良真純に言わせた。

世良真純を通して、コナンが幼児化した工藤新一だと知っている。

後々「領域外の妹」はMI6を表していることがわかる

赤井秀一が生きていることを知らない。

コナンに正体がバレている。

赤井秀一にもコナンを通して、幼児化していることがバレている。

羽田秀吉には、幼児化していることは知られていないたぶん。

羽田秀吉(弟)

年齢 28歳

職業 将棋棋士(七冠)

赤井秀一の弟で、世良真純の兄。出生名は赤井 秀吉である。

作中トップの記憶力とコナンと同等の推理力を持っている

高校卒業の時期に、羽田家の養子に入る。羽田浩二とは義兄弟に当たる。

約10年前、環状線の電車内で宮本由美と出会い、その後2人は恋人になった。由美が警察官になるということで一旦は破局する。現在はお互いに結婚を意識している。

赤井秀一が生きていることは知っているが、沖矢昴に変装しているとは知らない。

世良真純(妹)

年齢 16-17 帝丹高校2年B組

高校生探偵

赤井秀一羽田秀吉の妹。出生名は赤井 真純 。

見た目も性格も男らしいため、初対面の相手には、スカートを履いていなければ大抵男だと思われる。

メアリー世良とホテルに住んでいる。

10年前、工藤新一と出会っていることやコナンの推理力からコナンの正体が工藤新一だと気づいている

兄である、赤井秀一が生きていることを知らない。

だが、ミステリートレイン編で赤井秀一に変装するベルモットに出会っている。

赤井秀一が生きていると思っているかも。


宮野志保 (従妹)

年齢 18歳

黒の組織の元メンバーで、当時のコードネームはシェリーである。

APTX4869を自ら服用して、工藤新一と同じく身体が幼児化してしまった。

現在は灰原哀として、コナンと一緒の学校に通っている。

姉の死が原因で組織から逃げて、組織から狙われている。

組織はミステリートレイン編で死んだと思っている

沖矢昴の正体に気づいていない。

宮野明美 (従妹)

妹である宮野志保 灰原哀)とは違い、黒の組織からの監視付きではあっても大学へ通い友人と戯れるなど比較的自由な生活を送っていた。

諸星大(赤井秀一)とは、車に当たり屋をされた事をきっかけに交際することになる

FBI捜査官・赤井秀一であることが発覚して、「FBIの組織への潜入捜査を手引きした危険人物」として今後も組織の情報を外に漏らす原因を作る可能性が高いと考えた組織から自分と妹の志保を抜けさせる10億円強盗 を命令される。

組織は失敗を予想していたが、殺害を計画していたが成功させる。強盗で手に入れた10億円の在り処を吐かなかったためジンに射殺される。死に際に江戸川コナンと接触し、コナンに自分が黒を象徴とする巨大な犯罪組織に所属する末端の人間であることや強奪した10億円の在り処を告げた。

宮野明美は強盗をする前に、赤井秀一に復縁を求めるメールを送っていた。


宮野厚司 (伯父)

宮野明美志保 (灰原哀) 姉妹の父。数年前に事故死したとされている。

医科大学で出会い結婚した妻・宮野エレーナと宮野医院を経営しつつ、科学者としても研究をしていた。

表では「マッドサイエンティスト」と呼ばれていた。

黒の組織で一員だった。


宮野エレーナ (伯母)

宮野明美志保 (灰原哀) 姉妹の母。日本人とイギリス人のハーフである日系イギリス人。

同じく黒の組織の一員だった夫・厚司と共に事故死したとされている。

組織に入る前に医科大学で出会い結婚した夫の厚司とともに宮野医院を営み、医師として働いていた。組織では「ヘル・エンジェル」と呼ばれていた。

メアリー世良は、エレーナの姉である。

まとめ

今考えてみると、赤井秀一宮野明美の関係はすごい複雑だった。

赤井秀一の正体が沖矢昴だと家族たちにはバレていない。

映画でバレてしまうかも。

赤井ファミリーは家族でありながら、秘密主義者である。

最近では、赤井務武は生きていて安室透の上司である黒田兵衛と考察する人が多い

個人的に死んでいると思っています。

この赤井ファミリーの関係を知ることで緋色の弾丸が面白くなると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA